魚

おさかな広場のお魚情報

岩ガキ

・冬が旬の真ガキに対して岩ガキは6月~8月と夏が旬

・真ガキより岩ガキはサイズが大きい

・肉厚で身がしまって濃厚な甘み

・キンキンに冷やした岩ガキを生で味わうもよしバーベキューで焼きガキにして味わうもよし

・一粒一粒大切に育てられたカキは佐世保の自慢の一品

・カキといえば冬のイメージですが夏に旬を迎えるカキがあるのです。それが岩ガキ。夏の岩ガキ
は大きい。味も大味になるのでは?ご安心ください夏場に一番甘みが凝縮されているのです

・大ぶりで肉厚、芳醇なコクと甘み、冷やした岩ガキとキンキンに冷えたビールで至福の時を過ごすぜいたく

・カキにはタウリン、グリコーゲン、亜鉛など様々な栄養素が多量に含まれるため「海のミルク」「海の玄米」と呼ばれいます

・ぽってりとした肥えた身プリプリの食感 (九十九里の)旨みを凝縮した濃厚な味わい

さざえ

・波の荒い海に住むサザエは流されるのを防ぐため身が引き締まる

・波の荒い海は かどが立つ

・磯の香りと風味コリコリとした触感をぜひご堪能ください

・壺焼き、お刺身、バーベキュー、炊き込みご飯

・アジ 栄養素にすぐれおりタンパク質、
身がキュッとしまって油もたっぷり

・イカ 何種類もある
五島列島近海を日本海流の黒潮から北東に向かって流れており
その海流が対馬海流として対馬近海、五島灘へおしよせています
そこへプランクトンなどのエサが入り込みそれを追っていくつも魚が集まる好漁場と
なっています

長崎のイカはケンサキイカ、アオリイカ、スルメイカと種類も豊富です
ミズイカはお刺身がおいしくイカの王様といわれている肉厚で噛めば噛むほど
甘みがましてくる
ヤリイカは舌でとろけるような甘みが味わえる

・イセエビ
大きい
深瀬で敵が少ないため大きく育ったのがとれる
冷凍では味わえないプリップリの食感 国産ならではの濃厚な甘みそしてしめは頭のミソをといて味噌汁で最後までお楽しみいただけます


関連記事


おさかな広場おすすめランキング第一位


おすすめ記事